桜花賞
軸信頼度 D(上位混戦)

軸信頼度の見方はこちらから



まず最初にお伝えすると
今年の桜花賞は荒れることを期待してます。

ダノンファンタジーは本来なら圧倒的な1番人気だと思いますが、追い切りに不安があることからヒモ程度にします。

グランアレグリアもぶっつけローテ、輸送がネック。

クロノジェネシスも桜花賞では不振の5番以内に入ってしまったので荒れる要素は存分にあります。






これまでマイルでは堅実な走りであり
少し時計のかかる馬場は歓迎の1頭。

間隔も開いた方が好走しており
血統からもここがメイチとみた。


○クロノジェネシス

不利な内枠に入りましたが
追い切りは抜群。
血統的にも渋っても問題なさそう。


▲グランアレグリア
ぶっつけローテですが元々早い段階で宣言していただけに予定通り。
2回目の遠征でカリカリしていなければ。


穴シゲルピンクダイヤ
脚の不安も解消され、前走は圧巻の競馬。
軽視は禁物の1頭。
ただ気になるのは馬体重。
減っていないと良いのですが…


人気がないですが展開は1番向きそう。
元々強いと言っていた馬だけに
ここは上位評価とします。


△3.5.9.15


買い目
3連複 ◎○ー印ー印